日本と聞き思い浮かぶもののひとつに着物が挙げられます。昔から形を変えながら伝えられてきた日本の伝統文化は、海外でも注目を集めています。

 

着物とはどのようなものなのか、その知識を深め、着物ライフを満喫しましょう。

 

着物を着た女性

 

長年愛され続ける着物の魅力

 

着物は日本に昔から伝わる伝統的な伝統衣装で、形を少しずつ変えながら、今現在に受け継がれています。

 

その昔、着物は日常着でした。現在は西洋から伝わった洋服が一般的に着られていますが、人生の節目や大切な日に着物を着る人が多くいます。

 

日本国内だけでなく海外でも人気

 

最近では、若者にも着物を着る人が増え、日常着としての着物の魅力にはまる着物男子や着物女子が注目を集めています。

 

着物は、正絹で作られた格式高い礼装用や、木綿やレーヨンで作られた日常用や洗濯ができるタイプなど、さまざまな種類があることも、着物の魅力のひとつとして挙げられます。

 

また、涼しさを追求した夏用着物もあることから、1年を通して着ることができるものなのです。

 

海外でもその人気は高く、セレブが羽織として愛用したり、また一流ブランドが着物を取り入れたコレクションなどを発表したりしています。日本に旅行に来た外国人観光客のお土産としても人気が高く、「Kimono」として愛されています。

 

日本人に一番良く似合う

 

着物は華やかさだけではなく、日本人を一番美しく見せる服飾であると言われています。日本人の体形や肌の色、黒髪など、さまざまな要素が上手く絡み合いぴったりと合います。

 

普段着物を着慣れていないと動きにくく、動きが制限されますが、背すじが伸びたり、歩き方や座り方にも気を遣うことで、立ち振る舞いが美しくなります。

 

着物の知識を蓄える

 

着物はその長い歴史の中で、さまざまな文化や伝統を受け継いできました。その種類やマナーなど多く、着物について知らないことが多くあります。

 

このサイトで基本的な知識を付けることで、着物の奥深さをさらに知ることができるでしょう。

 

古い着物の処分についてお困りならこちらがおすすめです。

着物買取の匠

更新履歴