他の着物と比べ、その長い袖が特徴の振袖ですが、振袖の中でもいくつかの種類に分けられます。その場を華やかに彩ってくれる振袖の種類を知り、自分にぴったりの振袖選びを行いましょう。

 

振袖を着た女性

 

振袖とはどのような着物なのか

 

最も華やかでその場を明るく盛り上げてくれる着物である振袖は、その名の通り、振ることができるほど長い袖を持つ着物です。

 

訪問着と同じく、肩から胸、袖からすそに絵羽模様を施してあります。柄は古典からレトロ、モダンなどさまざまですが、お祝い事に適した柄が多く、主に慶事に着用されることが多くなっています。

 

振袖の大きな特徴は、未婚女性のみが着ることができるものであるということです。既婚女性は振袖を着ることはなく、振袖は独身の間だけ着ることができる未婚女性の特権着物であると言えます。

 

また、袖の長さに違いがあり、大振袖中振袖小振袖の3種類に分かれています。

 

大振袖

114〜115p程度の長さのもので、身長の低い人などは袖を引きずりそうな振袖。振袖の中でも格式高く、花嫁衣装などにも使われます。花嫁衣裳の場合はもっと長い袖の場合もあります。

 

中振袖

90〜105p程度の長さのもので、最も使いやすいタイプの振袖です。さまざまな用途に活用可能。

 

小振袖

75〜85p程度の長さのもので、振袖の中では一番袖が短いタイプです。袖が短い分とても動きやすいのですが、着用する人はあまりいないようです。卒業式や謝恩会などで、袴とともに着用する場合にとても向いています。

 

どのような場所に似合うのか

 

振袖は着用する場所が限られており、主に慶事に向いています。大振袖は結婚式などに着用する場合が多く、成人式などは中振袖を着用する人が多いようです。

 

結婚式・成人式・パーティー・観劇・結納や婚約などの改まった席など

 

どのような人におすすめの着物?

 

振袖はずばり、未婚の人におすすめの着物です。振袖は数百年前から、未婚女性のみが着ることができる着物として定着しており、現在でも結婚後は、振袖は着ないのがセオリーです。

 

未婚とはいっても、大人の女性はある程度の年齢になると避ける場合もありますが、人によっては、子供が生まれるまで着るという人もいるようです。

 

  • 未婚の女性

 

関連ページ

華やかで年齢を問わず着られる訪問着
着物にはさまざまな種類がありTPOに合わせるのがマナーです。 そんな中、訪問着は比較的どのような場所にも合い、老若男女着られる便利な着物です。 訪問着について詳しく見ていきましょう。
品と格式を備えた既婚女性の黒留袖
結婚式などで、親族席によく見かけるのが黒留袖を着ている女性です。 黒留袖は格式高い着物ですが、着用するにあたってマナーとルールがあります。 黒留袖とはどのような着物なのか見ていきましょう。
黒留袖と同じ格式を持ちながら柔らかな印象の色留袖
留袖には黒留袖と色留袖の2種類があり、それぞれに違いがあります。 黒留袖に比べると若干カジュアルな印象のある色留袖とはどのような着物なのでしょうか。
街着にもぴったりなセミフォーマル付け下げ
着物と聞くと、少し敷居が高いイメージがありますが、価格もお手頃でカジュアルな雰囲気の着物もあります。 それが付け下げです。 付け下げとはどのような着物なのでしょうか。
おしゃれ着としてカジュアルに着こなせる色無地
正式な場所にはあまり向いていないものの、普段着としておしゃれ着として着こなせる色無地は、 色を変えるだけで年齢に関係なく着ることができる着物です。 どのような着物なのか解説します。
普段着やお稽古着にぴったりのカジュアル着物小紋
着物はTPOに合わせ選ぶことがとても大切です。 普段からカジュアルに着ることを目的とするなら、小紋がぴったりの着物と言えるでしょう。 小紋とはどのような着物なのか解説します。