結婚式や少し格式高いパーティーなど、着物を着る機会は多々あります。着物にはさまざまな種類があるため、どのような着物を着ればいいのか迷ってしまいます。

 

そんな時に頼りになるのが訪問着です。どのような着物なのでしょうか。

 

訪問着を着た女性

 

訪問着とはどのような着物なのか

 

着物にはさまざまな種類があり、年齢や場所によっても使い分ける必要があります。そんな中でも訪問着は比較的使いやすい着物として重宝されています。

 

訪問着は着物の中でも格式高く、第二礼装の位置に置かれている着物です。古典からモダンまで柄やデザインも幅広く、そして華やか。フォーマルな場所にとても良く合います。元々は、家の家紋を入れることが多くありましたが、最近では家紋なしのものが多くなりました。

 

訪問着の特徴として、肩から胸、袖からすそまで模様が入っており、着用した時に、それら模様がすべてつながるデザインとなっています。これを「絵羽模様」と言います。

 

さまざまな絵柄がある訪問着ですが、格式高い場所に着ていく場合は、現代的なデザインよりも、古典柄を選ぶとより華やかで格式が高くなります。

 

どのような場所に似合うのか

 

訪問着は正装の中でも比較的さまざまなシーンに対応できる着物です。失敗のないお出かけ着でありながら、華やか。そのため、多くの場所に着ていくことができます。

 

季節によって種類が分かれているため、1年中着ることができます。

 

結婚式(親族以外)・お茶会・お宮参り・パーティー・入学式や卒業式・七五三・観劇など

 

どのような人におすすめの着物?

 

年齢などさまざまな決まりのある着物において、訪問着はどのような人にも着やすい着物です。

 

  • 年齢による決まりはなくどのような年齢の人でも着られる
  • 既婚や未婚による制約はなし

 

関連ページ

未婚女性の最も格式高い正装振袖
振袖は名前の通り、長い袖が特徴で、 成人式など、主に慶事に着られることが多い振袖ですが、 どのような着物なのか見ていきましょう。
品と格式を備えた既婚女性の黒留袖
結婚式などで、親族席によく見かけるのが黒留袖を着ている女性です。 黒留袖は格式高い着物ですが、着用するにあたってマナーとルールがあります。 黒留袖とはどのような着物なのか見ていきましょう。
黒留袖と同じ格式を持ちながら柔らかな印象の色留袖
留袖には黒留袖と色留袖の2種類があり、それぞれに違いがあります。 黒留袖に比べると若干カジュアルな印象のある色留袖とはどのような着物なのでしょうか。
街着にもぴったりなセミフォーマル付け下げ
着物と聞くと、少し敷居が高いイメージがありますが、価格もお手頃でカジュアルな雰囲気の着物もあります。 それが付け下げです。 付け下げとはどのような着物なのでしょうか。
おしゃれ着としてカジュアルに着こなせる色無地
正式な場所にはあまり向いていないものの、普段着としておしゃれ着として着こなせる色無地は、 色を変えるだけで年齢に関係なく着ることができる着物です。 どのような着物なのか解説します。
普段着やお稽古着にぴったりのカジュアル着物小紋
着物はTPOに合わせ選ぶことがとても大切です。 普段からカジュアルに着ることを目的とするなら、小紋がぴったりの着物と言えるでしょう。 小紋とはどのような着物なのか解説します。