柄が一切入っていない着物を色無地と言います。選ぶ色によって、年齢を問わず誰でも着ることができ、おしゃれ着や街着としてぴったりの着物です。そんな色無地着物について見ていきましょう。

 

茶道

 

色無地とはどのような着物なのか

 

柄が入っていない着物を色無地と言います。色は黒以外で、さまざまな色合いがあります。

 

ある程度大人の女性は上品で抑えめな色味、まだ若い人は鮮やかな色味など色を変化させることで、どのような年齢層の女性にも着こなすことができます。

 

礼装ではなく、かなりカジュアルな着物になるため、フォーマルシーンや正式な場所にはあまり似合いません。おしゃれ着として着こなすことがおすすめです。

 

紋を入れることも可能で、紋を入れると略礼装として使用することができます。地味な色やグレーなどは、帯を変えることで弔事用喪服としても活用できる用途が幅広い着物です。

 

柄はありませんが同一色で地模様が入っているものもありますので、慶事用、弔事用と使い分けることが重要です。

 

どのような場所に似合うのか

 

色無地は紋ありで略礼装、紋無しであればおしゃれ着として活用するカジュアルな着物です。そのため、着ていく場所も選ぶ必要があります。

 

お稽古事・入学式や卒業式・七五三・茶道・法事・街着

 

少し厳粛な場所に着ていく場合は、三つ紋が入ったものが安心です。

 

どのような人におすすめの着物?

 

紋を入れることでセミフォーマル、紋無しだとおしゃれ着や街着として活用することができる色無地のため、ひとつ持っておくととても便利なタイプの着物です。

 

  • 年齢による制約なし
  • 既婚者でも未婚者でも着ることができる
  • 茶道などとお稽古事をしている人
  • 使い勝手のいい着物が欲しい人
  • カジュアルに着こなしたい人
  • おしゃれ着や街着を探している人

関連ページ

華やかで年齢を問わず着られる訪問着
着物にはさまざまな種類がありTPOに合わせるのがマナーです。 そんな中、訪問着は比較的どのような場所にも合い、老若男女着られる便利な着物です。 訪問着について詳しく見ていきましょう。
未婚女性の最も格式高い正装振袖
振袖は名前の通り、長い袖が特徴で、 成人式など、主に慶事に着られることが多い振袖ですが、 どのような着物なのか見ていきましょう。
品と格式を備えた既婚女性の黒留袖
結婚式などで、親族席によく見かけるのが黒留袖を着ている女性です。 黒留袖は格式高い着物ですが、着用するにあたってマナーとルールがあります。 黒留袖とはどのような着物なのか見ていきましょう。
黒留袖と同じ格式を持ちながら柔らかな印象の色留袖
留袖には黒留袖と色留袖の2種類があり、それぞれに違いがあります。 黒留袖に比べると若干カジュアルな印象のある色留袖とはどのような着物なのでしょうか。
街着にもぴったりなセミフォーマル付け下げ
着物と聞くと、少し敷居が高いイメージがありますが、価格もお手頃でカジュアルな雰囲気の着物もあります。 それが付け下げです。 付け下げとはどのような着物なのでしょうか。
普段着やお稽古着にぴったりのカジュアル着物小紋
着物はTPOに合わせ選ぶことがとても大切です。 普段からカジュアルに着ることを目的とするなら、小紋がぴったりの着物と言えるでしょう。 小紋とはどのような着物なのか解説します。