品とその格式高い雰囲気で、結婚式などにぴったりの黒留袖ですが、既婚女性のための着物であることはご存じでしょうか。黒留袖はどのような着物なのか見ていきましょう。

 

新婦を介添えする仲人

 

黒留袖とはどのような着物なのか

 

結婚式などに出席すると、親族の女性や仲人の女性などが黒い着物を着ていることが多々あります。それが黒留袖です。

 

黒留袖は既婚女性が着る着物の中で、最も格式高い第一礼装となります。黒留袖の特徴として、前に2つ、後ろに3つの紋が入っていること、比翼という下着の代わりになるものが裏に取り付けられていること、そして、裾だけに柄が入っていることが挙げられます。

 

柄の入り具合によってさまざまな呼び方がありますが、上前身ごろと下前身ごろに柄が入っている「江戸褄模様」が主流となっています。おめでたい柄が多いため、慶事用の着物として着用されています。

 

また、紋が2つだけのものや3つのものなどもありますが、中でも一番格式が高いとされるのが五つ紋です。昔は未婚女性が着用しており、結婚すると袖を切り短くしたことで、「留袖」という名前が付いたという歴史のある着物です。

 

どのような場所に似合うのか

 

既婚女性用で最も高い格式、まためでたい柄模様の慶事用着物です。結婚式などでは、花嫁や花婿の母、親せきなどが主に着用されています。

 

結婚式(母や仲人、親せき)・お宮参り・結納式など

 

どのような人におすすめの着物?

 

黒留袖は既婚女性が着るもので、既婚女性のための着物の中で最も格式高い第一礼装です。

 

既婚者であれば着ることができますが、裾に入った柄によっては年配の人向けとも言えます。そのような場合は、若い人でも似合うような少し派手目な柄を選ぶようにします。

 

  • 既婚女性の第一礼装
  • 既婚であれば年齢に制約はないが柄選びに変化が必要

関連ページ

華やかで年齢を問わず着られる訪問着
着物にはさまざまな種類がありTPOに合わせるのがマナーです。 そんな中、訪問着は比較的どのような場所にも合い、老若男女着られる便利な着物です。 訪問着について詳しく見ていきましょう。
未婚女性の最も格式高い正装振袖
振袖は名前の通り、長い袖が特徴で、 成人式など、主に慶事に着られることが多い振袖ですが、 どのような着物なのか見ていきましょう。
黒留袖と同じ格式を持ちながら柔らかな印象の色留袖
留袖には黒留袖と色留袖の2種類があり、それぞれに違いがあります。 黒留袖に比べると若干カジュアルな印象のある色留袖とはどのような着物なのでしょうか。
街着にもぴったりなセミフォーマル付け下げ
着物と聞くと、少し敷居が高いイメージがありますが、価格もお手頃でカジュアルな雰囲気の着物もあります。 それが付け下げです。 付け下げとはどのような着物なのでしょうか。
おしゃれ着としてカジュアルに着こなせる色無地
正式な場所にはあまり向いていないものの、普段着としておしゃれ着として着こなせる色無地は、 色を変えるだけで年齢に関係なく着ることができる着物です。 どのような着物なのか解説します。
普段着やお稽古着にぴったりのカジュアル着物小紋
着物はTPOに合わせ選ぶことがとても大切です。 普段からカジュアルに着ることを目的とするなら、小紋がぴったりの着物と言えるでしょう。 小紋とはどのような着物なのか解説します。