盛夏の定番とも言える着物が浴衣です。暑い季節にぴったりで、お祭りなどのイベントには着用する人が多くいますね。

 

そんな浴衣ですが、その昔は入浴後に着用していたものだったとか。そんな浴衣について見ていきましょう。

 

浴衣

 

浴衣とはどのような着物なのか

 

浴衣は、暑い夏、盛夏に着る着物で、夏祭りや花火大会などの夏のイベントになると、色とりどりの浴衣で着飾った女性が街を闊歩しているところを良く見かけます。

 

普段着物はあまり着る機会がない、着物はとても敷居が高いと思っている人でも、カジュアル要素の高い浴衣であれば着やすいようです。

 

そんな浴衣ですが、もともとは夏用のカジュアルな外出着として作られたものではないんです。もともとは身分の高い人が、入浴後、汗を吸うために着ていた部屋着でした。

 

素材も麻で作られており、今のような綿素材の浴衣が普及し始めたのは、綿の生産が増加し始めた江戸時代からだと言われています。

 

どのような場所に似合うのか

 

浴衣は着物の中でも最もカジュアルなものですので、フォーマルな場所には絶対にNGな着物です。

 

夏祭り・花火大会などの夏のイベント・部屋着

 

浴衣を少しだけ格上げするには、このように変化させるといいでしょう。

 

  • 浴衣のみ→浴衣に長襦袢半襦袢を重ねる
  • 半幅帯→名古屋帯
  • 素足→足袋をはく

 

どのような人におすすめの着物?

 

浴衣は現在では夏にぴったりの着物となりました。特に少し透け感のある絽織りの生地や、綿と麻の混合生地は特におすすめです。

 

  • 年齢に制約なし
  • 夏に涼し気に着物を着たい人
  • 着物は敷居が高いを思っている人
  • 気軽に着物を楽しみたい人

 

関連ページ

華やかで年齢を問わず着られる訪問着
着物にはさまざまな種類がありTPOに合わせるのがマナーです。 そんな中、訪問着は比較的どのような場所にも合い、老若男女着られる便利な着物です。 訪問着について詳しく見ていきましょう。
未婚女性の最も格式高い正装振袖
振袖は名前の通り、長い袖が特徴で、 成人式など、主に慶事に着られることが多い振袖ですが、 どのような着物なのか見ていきましょう。
品と格式を備えた既婚女性の黒留袖
結婚式などで、親族席によく見かけるのが黒留袖を着ている女性です。 黒留袖は格式高い着物ですが、着用するにあたってマナーとルールがあります。 黒留袖とはどのような着物なのか見ていきましょう。
黒留袖と同じ格式を持ちながら柔らかな印象の色留袖
留袖には黒留袖と色留袖の2種類があり、それぞれに違いがあります。 黒留袖に比べると若干カジュアルな印象のある色留袖とはどのような着物なのでしょうか。
街着にもぴったりなセミフォーマル付け下げ
着物と聞くと、少し敷居が高いイメージがありますが、価格もお手頃でカジュアルな雰囲気の着物もあります。 それが付け下げです。 付け下げとはどのような着物なのでしょうか。
おしゃれ着としてカジュアルに着こなせる色無地
正式な場所にはあまり向いていないものの、普段着としておしゃれ着として着こなせる色無地は、 色を変えるだけで年齢に関係なく着ることができる着物です。 どのような着物なのか解説します。
普段着やお稽古着にぴったりのカジュアル着物小紋
着物はTPOに合わせ選ぶことがとても大切です。 普段からカジュアルに着ることを目的とするなら、小紋がぴったりの着物と言えるでしょう。 小紋とはどのような着物なのか解説します。
独特の風合いが魅力の紬
着物の中でも、どの独特の雰囲気でファンが多いのが紬です。 紬にもさまざまな種類があり、そのそれぞれに違った魅力があります。 そんな紬とはどのような着物なのでしょうか。
昔の一般庶民の究極の普段着木綿
着物はとても高価なものであるイメージがありますが、昔は普段着として毎日着られていたものです。 そんな中でも一般庶民が着ていたものが、木綿で作られた着物です。 木綿着物は現代でも人気がありますが、どのような着物なのでしょうか。