小物選びひとつで、和装全体のコーディネートバランスがグッと変化します。特に目立ちやすい手元は特に重要です。着物を着た場合の上手なバッグ選びについて見ていきましょう。

 

和装バッグ

 

和装のバッグ選びのポイントとは

 

着物用のバッグの種類はさまざまで、どのようなバッグを選べばいいのか迷ってしまいます。ですが、着物とバッグのバランスはとても大切なもので、選び方によってはせっかくのコーディネートを台無しにしてしまうこともあるため注意しましょう。

 

TPOに合わせたバッグ選びはとても重要。どのようなバッグを選べばいいのか紹介します。

 

礼装用

 

  • 礼装用のフォーマルな着物には、それにふさわしいバッグを選びましょう。
  • 素材・・・佐賀錦などの織物、つづれ織り、絹、布製、エナメル
  • 柄・・・金糸や銀糸。大柄な振袖には大柄の花などでもOK
  • 形・・・利休バッグ(フォーマル柄に限る)和装用、クラッチ

草履とセットのフォーマルなものであれば間違いないでしょう。

 

カジュアル用

 

カジュアルな着物に合わせる場合はあまり規則はありません。着物との格を合わせることが大切。巾着、籠バッグ、風呂敷バッグなどでもOKです。

 

洋装用のブランドバッグは使っていいの?

 

ここでちょっとした疑問が。タレントさんなどがエルメスのケリーバッグなどのブランドバッグを着物に合わせているのを見たことはありませんか?

 

かなりのこなれ感が出ておしゃれだなと感じる人も多いかもしれません。着物に洋装用のブランドバッグを合わせてもいいのでしょうか。

 

答えは×。フォーマルシーンでは和装用バッグを選ぶ方が間違いがないと思われます。ブランドバッグはかなり気を使って、着物に合うものを選ばないと失敗する危険性も。お仕事感も強く、結婚式などのフォーマルシーンにはあまり似合わないですね。

 

カジュアルな着物であれば合わせてもOKだと思われますが、ブランドロゴが大きく入っているとか、大きすぎるサイズを避けるようにしてみてください。あくまで和装に合うようシンプルで上品なものを選んでください。

 

 

関連ページ

足元にも抜かりなし。着物に合った草履選び
着物にはさまざまなマナーやルールがありますが、見落としがちなのが小物類。 そんな中でも全体のバランスを決める草履はとても重要なポイントです。 どのような草履を選べばいいのでしょうか。