着物選びにはさまざまなルールがあることは知られていますが、意外と見落としがちになってしまうのが足元、草履の存在です。

 

草履選びによって、全来のバランスが決まるといっても過言ではないのです。草履選びのポイントとはどこにあるのでしょうか。

 

草履

 

草履にもマナーやルールがある

 

着物にはさまざまな種類があり、着ている場所によってどのような着物を選べばいいのか、マナーやルールがあります。格がとても大切なんですね。

 

そのマナーやルールは着物だけにとどまらず、和装の多くの部分に存在しているのです。和装には多くの小物を使用しますが、着物の装いで重要なポイントである足元にも気を使わなくてはいけません。

 

草履ひとつによって、その装い自体のバランスが悪くなったり失礼になってしまうこともあります。

 

着物の格によって草履も履き分けるのが常識

 

着物を変えれば草履も変える、それは和装のマナーとして当然のことです。草履にも多くの種類があり、着物とちぐはくにならないように気を付けなくてはいけません。

 

訪問着や留袖などを着るフォーマルな場合、逆に小紋や紬などのカジュアルにも着こなせる着物を着て出かける場合によって、草履を履き替える必要があります。

 

フォーマルシーン

 

  • 台のかかとが高い(1段約5m。高いものは3段ほどある)
  • 金や銀、淡い色
  • 布製が望ましい(エナメルでも可)
  • 鼻緒と台の色が同一色

 

フォーマルな着物は、裾を長めに着用することが多いため、高めのかかとは必須。また、足のかかとが少し落ちる程度の大きさの草履を履くことが常識。

 

カジュアルシーン

 

  • 台のかかとが低い
  • 金色や銀色でなくてもOK
  • 布製やエナメル製以外の素材でもOK
  • 鼻緒と台の色が違ってもOK(鼻緒に華やかな刺繍が入っているものなど)

 

着物によっては、下駄などでも粋に決まることがあります。