大正時代、名古屋で生まれたことによってこの名前が付いたと言われる名古屋帯ですが、使い勝手の良い万能な帯としても知られています。名古屋帯とはどのような帯なのか見ていきましょう。

 

着付け中の女性

 

名古屋帯とは

 

帯の中でも最も格式高いと言われるのは袋帯ですが、そんな袋帯よりもカジュアルな帯が名古屋帯です。色無地や小紋、紬など比較的カジュアルな着物に合わせることが多い帯といえます。留袖などの正装には似合いません。

 

名古屋帯は大正時代に生まれた帯で、創案者は女性です。毎日忙しく働く女性が着付けやすいデザインにすることで、女性の負担を減少させることが目的で生まれました。

 

名古屋帯の特徴として、袋帯のように二つ折りにせずとも着つけられるよう、胴回り部分の帯幅が狭くなっており、一本の帯であるにも関わらず、場所によって帯幅に違いがあります。

 

柄の入り方によって呼び方が変わったり、仕立て前の帯幅によって八寸名古屋や九寸名古屋など、帯の種類もいくつか存在します。

 

名古屋帯の特徴

 

  • 結んだ時のお太鼓部分以外が半幅と狭くなっている
  • 幅約30〜34p×長さ約3m40p〜3m70p
  • セミフォーマルからカジュアルな着こなし
  • 八寸名古屋帯と九寸名古帯がある
  • 九寸名古屋帯には帯芯を入れて使用する
  • 全体に柄のある「全通柄」、6割程度に柄がある「六通柄」、お太鼓部分のみに柄のある「お太鼓柄」がある
  • 袋帯と比べ短いので一重太鼓結びしかできない
  • ぽっちゃりさんには短く感じることがある
  • 金や銀の箔が入っているものだとセミフォーマルな場所にも対応可能

 

どのような着物・場所におすすめ?

 

袋帯と比べると少しカジュアルダウンしてしまうため、フォーマルシーンや結婚式などにはあまり向いていません。

 

  • 小紋、色無地、紬などのカジュアル系着物
  • パーティー、お茶会、お出かけ着、お稽古事など

 

名古屋帯は一重太鼓しか結べないため、結婚式などの慶事にはNGであると言われています(慶事には二重が必須)。とても結びやすい帯のため、着物初心者にはとても向いている帯です。

関連ページ

最も格式高い袋帯
着物と同じように、帯にもさまざまな種類があります。 シーンによって使い分ける必要があるため、どのような種類があるのかを知っておきましょう。