帯には、着物の格、そして使用する場所によってさまざまな種類があり、それを使い分けなければマナー違反となります。帯の中で最も格式高い袋帯について見ていきましょう。

 

袋帯

 

袋帯とは

 

帯にはさまざまな種類があり、着用する着物によって、さらにTPOによって使い分ける必要があります。そのような帯の中でも、最も格式が高いとされるものが袋帯です。

 

表と裏、別々織った二枚の生地を使用していることから、このような名前で呼ばれています。ボリュームが出るので、華やかな印象にもなりますね。

 

この袋帯が登場し、このように流行したのは昭和に入ってからです。その前は丸帯という一枚の生地を半分におり縫い合わせた帯使用されていましたが、袋帯の登場とともに衰退、現在では結婚式の花嫁用や舞妓さん用として使用されています。

 

袋帯の特徴

 

  • 帯の中で最も長い
  • 幅約31p(八寸)×長さ約4m30p〜4m50p
  • 最も格式高いためフォーマルシーンに使用(カジュアルもOK)
  • 表生地と裏生地二枚の両端を縫い合わせる(袋状に縫い合わせたものは本袋帯と呼ばれる)
  • 格式高い結び方「二重太鼓」を結ぶのにおすすめ
  • 付け下げや小紋、色無地でも、袋帯で略礼装にランクアップすることができる

 

どのような着物・場所におすすめ?

 

袋帯は帯の中でも最も格式高い帯のため、フォーマルなシーン、そして第一礼装にもなんなく決まります。

 

  • 振袖、黒留袖、色留袖、訪問着などの礼装
  • 結婚式、成人式、披露宴、フォーマルなパーティーなど

 

フォーマルに合わせたい時は、金糸銀糸の入った華やかなものを選びましょう。袋帯はカジュアルにも合わせることが可能ですが、そのような場合は、柄や生地もカジュアルなものを選ぶことが重要です。