さまざまな帯がある中で、着物とぴったりの帯を選ぶことはある種のマナーとそしてセンスです。

 

どのような帯があるのか、そしてその帯に似合う着物とはどのようなものなのかを、しっかりと見極めができるようになると、さらにコーディネートが楽しくなります。

 

半幅帯

 

半幅帯とは

 

さまざまな種類がある中で、半幅帯はもっともカジュアルな帯であると言えます。

 

フォーマルに活用できる袋帯や、幅広の名古屋帯は、帯の幅を狭くするために適度な幅に折ってから、
結びます。それはフォーマル時の結びかたであるふっくらとしたお太鼓にするために、ある程度の広幅が必要となるからです。

 

胴回りには太すぎるために折るというわけです。その一方、半幅帯はその名の通り帯の幅が狭く、いわゆる細帯の代表のような帯です。

 

浴衣に締める際に使用する浴衣帯ととても良く似ているため間違えられることも多いようですが、浴衣帯は基本的にに一枚の布で仕立てた仕様になっていますが、半幅帯は二枚の袋状になっていることが多いです。(一枚仕立ての半幅もあり))

 

半幅帯がさまざまな着物に合わせられるよう、シックな色合いのものも多い反面、浴衣帯は夏用のカラフルでビビッドな色合いのものが多いのが特徴です。

 

半幅帯の特徴

 

  • 細帯のひとつで帯の幅が狭い造りになっている
  • 約15〜17p×長さ約3m60p〜4m
  • カジュアルな着こなしや普段着
  • 細帯の代表格
  • 幅はないが長さは名古屋帯よりも長い
  • ウール素材でない場合は、浴衣にも活用できる
  • お太鼓結びはできない
  • 文庫結び、リボン結び、かるた結び、貝の口結び、片蝶結びなど多くのアレンジが可能
  • 帯締めや帯揚げなどを使わない

 

どのような着物・場所におすすめ?

 

半幅帯はとてもカジュアルな普段使いに適した帯のひとつです。そのため、フォーマルな着物には似合いません。フォーマルな場所にもNGだと覚えておくと間違いありません。

 

  • 小紋・紬・ウール・浴衣などのカジュアルから普段着、おしゃれ着までの着物
  • 普段着・ちょっとしたおでかけ・お稽古事など

 

半幅帯でも、高価な染物や錦織など、金箔やおめでたい文様が入っているものは、少し格上の付け下げや江戸小紋などにも合わせることができますが、あくまでカジュアルな帯であることは認識しておくといいでしょう。

 

 

関連ページ

最も格式高い袋帯
着物と同じように、帯にもさまざまな種類があります。 シーンによって使い分ける必要があるため、どのような種類があるのかを知っておきましょう。
セミフォーマルにも少しカジュアルダウンにも使える万能名古屋帯
帯にはいくつかの種類がありますが、中でも最も親しまれている万能帯と言われるのが名古屋帯です。 使用方法によってはさまざまな使い方ができる名古屋帯とはどのような帯なのでしょうか。