着付にはいくつかの工程があります。基本的な着付の手順を覚えたら、各工程もう少し詳しく見ていきましょう。知識を増やすとさらに美しく着こなすことができます。体にメリハリがある人は、この補正の工程が特に重要です。チェックしてみてください。

 

補正

 

着付手順の第2工程。補正についてもっと知ろう

 

着付け手順の第1工程である下着や肌着を着用したら、すぐに着物を着られるわけではありません。きれいに美しく着こなすには、もう少しいくつかの工程を通過する必要があります。

 

下着や肌着について詳しく知りたい場合はこちらをチェック→「着付をもっと詳しく知りたい。第1工程肌着について

 

着付をきちんと行うには、自分に合った補正が必要となります。

 

着物にメリハリは不要

 

着物を美しく着こなすために大切なことは、上からストンと落ちるフラットなシルエットです。バスト・ウエスト・ヒップをできるだけ強調しないようにします。

 

特にウエストが細くバストがふくよかな人は凹凸が付きやすいため、帯の上にバストが乗っかってしまうことが良くあります。そうなると上手く着付けたとは言えません。

 

バストがふくよかな人は、和装用下着でバストのボリュームをしっかりと抑えてから補正を行います。

 

どんな補正方法があるの?

 

補正の方法はさまざまで、自分の体に合った補正が必要となりますが、基本的な方法を覚えておくと便利です。

 

一般的には薄手のタオルサラシを使うことが多いです。ですが、初心者にはちょっと難しいかもしれません。そんな時は着脱式の補正ファンデーション(補正着)が販売されています。

 

パーツごとに組み合わせたり、ベスト式で必要部分にパッドを出し入れできたり、種類も豊富に販売されているため、最初はそれらを活用すると失敗が少なくなります。

タオルを使った補正方法の基本

 

  1. タオルを三つ折りにしてウエストの後ろに当て紐で固定(ヒップにはかからないように)
  2. タオルを縦半分折りにしてウエストに巻き紐で固定(アンダーバストに少しかかるくらい)
  3. 肩から胸元にかけ三角折りしたタオルを左右にかける

 

この3工程でカバーできるはずです。タオルは粗品でいただくような薄手のものが最適。厚手のものはかえってもたつき太って見えてしまいますので注意しましょう。

 

 

関連ページ

基本的な着付手順
着物の着付はどのようにして行われているのか気になっている人もいると思います。 ここでは、着物の基本的な着付方法について解説します。
着付をもっと詳しく知りたい。第1工程肌着について
着付の方法はざっくりと基本的なことを知っていても、いざとなると悩みや疑問も出てきます。 着付の方法をもう少し詳しく見ていきましょう。